« JFL 2012 第20節 vs. 栃木ウーヴァFC | トップページ | JFL 2012 第23節 vs. ツエーゲン金沢 »

JFL 2012 第21節 vs. FC琉球

1619


今日は、キリンビールマーケティング長野支社様提供、ルーツ様主催のパブリックビューイングにNBSホールへ。

人数はどのくらいかわからないが、会場はパルサポで埋めつくされました。

長野は雨で天気が悪いのに、送られてくる映像は晴れ渡った沖縄の空。
うらやましい...



1620

AC長野パルセイロ 2−0 FC琉球


試合の方は、前半9分に向のCKから相手選手にあたりこぼれたボールを宇野沢が綺麗にゴール左上に決めて先制!!!

早い時間帯の得点で安心したのか、相手にボールを回されパルセイロは守りに回る時間帯もあったが、パルセイロの攻撃の時間帯になると攻めるパルセイロ。
シュートはするもののなかなか追加点が入らない。

そんななか、前半終盤の42分に、ゴール前で向からのパスを大橋がゴール左隅に決めて2−0!!


後半は運動量のおちている相手に対してパルセイロペースであるが、シュートはするも得点を追加できずにこのまま2−0で終了。

終わってみるとシュート数はパルセイロ23本に対して琉球は6本。
薩川監督もインタビューでそういっていたが、これだけシュートを打っておきながら2得点とは...
6点くらいはとっても良かったような感じがしました。


まあ、そうはいってもみごと6連勝なのですから、暑い中戦った選手たちをやはり讃えたい!


次節は、またアウェイでロックの戦い。連勝はもちろんですが、得点を積み上げるよう攻撃的な試合を期待しています。


|

« JFL 2012 第20節 vs. 栃木ウーヴァFC | トップページ | JFL 2012 第23節 vs. ツエーゲン金沢 »

JFL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JFL 2012 第20節 vs. 栃木ウーヴァFC | トップページ | JFL 2012 第23節 vs. ツエーゲン金沢 »