« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

JFL 前期 第13節 vs. ホンダロックSC

AC長野パルセイロ 1−1 ホンダロックSC

またしても、魔のロスタイム。
1−0でリードして勝利目前の後半ロスタイム。それもこのワンプレイで終了という時間。
CKから決められて痛恨のドロー...


強い雨が降りしきる中での試合。コンディションは最悪の状態で、なかなか攻撃も噛み合わず前半終了。
後半75分に、栗原から代わった直後の藤田が、大橋のFKをダイビングヘッドで合わせて見事先制!
相手のCKから1点取られたかとかと思いきや、オフサイドで救われる。
このあと、何回かのチャンスを生かせず、なんとか逃げ切るかと思いきやこの結果である。
一番悔しいのは選手たちであろうが、あまりにもふがいない結末。
もっと最後まで集中を切らさず守りきってくれ。


この団子状態の順位の中で、徐々に抜けだしていくのはしっかりと勝ち点3を取るチームである。
後半ロスタイムで悔しい思いを何回すればいいのか。
次節は、都田まで応援に行きますよ。次は強い気持ちを見せてくれ。
頑張れパルセイロ!


今日は強い雨のため写真は撮れず...

| | コメント (0)

JFL 前期 第12節 vs. V・ファーレン長崎

JFL前期第12節。九州、長崎で行われたV・ファーレン長崎戦。

AC長野パルセイロ 2-0 V・ファーレン長崎

宇野沢、向のゴールで、アウェイ初勝利!!




これでパルセイロは5位! 来週は久しぶりのホーム南長野で、現在4位のホンダロックSCとの戦いです。
勢いにのってJFL初の連勝を目指して欲しいですね!


今日は、23:00からルーツで録画のインターネット中継があるとか。
楽しみです。





今日は、試合を見に行かれなかったので、ゼビオをウロウロ。
貼ってあったポスターをパチリ。

003

| | コメント (0)

JFL 前期 第11節

JFL 前期 第11節 ソニー仙台との試合はなく、パルセイロは今週おやすみ。

今日時点での順位をまとめてみた。
我らがAC長野パルセイロは 8位 。

来週は、アウェイでV・ファーレン長崎との試合。
今日、長崎は佐川印刷に6−0で大勝。
今後の順位の行方にも影響を与える大事な試合。ぜひとも勝ち点3をとってホームに戻ってきて欲しい。

順位 チーム 勝点 得失点差 得点 失点 消化済み*
1 Honda FC 12 +7 9 2
2 ホンダロックSC 10 +3 7 4
3 FC琉球 9 -1 8 9
4 町田ゼルビア 8 +8 14 6
5 佐川印刷SC 8 -3 6 9
6 栃木ウーヴァFC 7 +3 6 3
7 V・ファーレン長崎 6 +4 13 9
8 AC長野パルセイロ 6 +2 7 5
9 ツエーゲン金沢 6 0 6 6
10 カマタマーレ讃岐 6 0 4 4
11 SAGAWA SHIGA FC 6 -1 4 5
12 横河武蔵野FC 6 -1 3 4
13 MIOびわこ草津 6 -6 4 10
14 アルテ高崎 5 0 4 4
15 ブラウブリッツ秋田 5 -2 7 9
16 松本山雅FC 5 -3 5 8
17 ソニー仙台FC 0 0 0 0
18 ジェフリザーブズ 0 -10 0 10
*消化済み : 対ソニー仙台FC(前期分)の試合日程が過ぎ、他チームより試合数が1試合少ないチーム

| | コメント (2)

JFL 前期 第10節 vs. 佐川印刷SC

JFL第10節。アウェイでの佐川印刷SCとの試合。

試合の結果は、
AC長野パルセイロ 0−2 佐川印刷SC
で敗戦。

子どものサッカーの試合があり、今日は1日リバーフロント。
京都へ応援には行くことができず、携帯で試合の結果を知った。

前半は0−0だったのに、後半立て続けに点を入れられて0−2。

JFLのホームページによると、前半はパルセイロが攻めていたのに決定打がなかったとか。

塚本翔平選手がスタメン出場。地元に近い京都でのスタメン。
翔平の父上のブログを見ると、2点とも山雅にやられたときのような失点だったとか。
守備の課題の修正を!


今日は、カマタマーレもびわこに敗戦。なかなか勝たせてはもらえません。
JFLはやはり厳しい!

これからも昨年の上位チームとの対戦が続きますが、ドローでも、とにかく勝ち点をもぎ取ってくれ!


| | コメント (0)

天皇杯 長野県予選

天皇杯の県予選となる第16回長野県サッカー選手権大会が既に行われており、今日はアルウィン芝生グランドで準々決勝が行われました。JFL勢は準決勝からの登場ですが、その対戦相手が決まりました。

HFL1部に昇格し好調で現在2位のアルティスタ東御は、5回戦から登場して日精樹脂工業サッカー部を4−0、信州大学を4−1で破り、順当に準決勝進出。
(同じブロックにいた大原学園は信州大学に破れて5回戦敗退。)
一方の上田ジェンシャンは、松島FCに6−0、HFL2部のアンテロープ塩尻に3ー0で勝ち上がり。


8月14日(日) 準決勝
AC長野パルセイロ vs. FC上田ジェンシャン(大町市運動公園サッカー場)
松本山雅FC vs. アルティスタ東御(伊那市陸上競技場)

そして、8月28日(日)にはアルウィンで決勝戦。


まずはジェンシャンを破り、今年こそ決勝戦でスカっとした気持ちのいい勝利を見せてくれ!

| | コメント (0)

JFL 前期 第9節 vs. 栃木ウーヴァFC

333


前節のような試合にならないような強風とは打って変わって殆ど風が無い状態。
ホームでの栃木ウーヴァとの試合。今日は負けられません。


319


試合の結果は、

AC長野パルセイロ 2−1 栃木ウーヴァFC

大橋の素晴らしい2得点で勝利しました!!
全体的に押された試合運びとなりましたが、チャンスを活かして勝利を掴み取ることができました。

まず前半11分の大橋の得意なミドルシュート。
宇野沢がゴール前に斬り込んできましたが相手にカットされ、ボールがこぼれます。
そのボールに反応した大橋が右足で弧を描くようなシュートをクロスバーぎりぎりの高さへ放ちます。
ゴールキーパーの手にわずかに触れたように見えましたが、ボールはそのままゴールネットの中へ飛び込みます。
これで1点目。試合の流れを引き寄せます。

後半始まってすぐに、また大橋が決めてくれました。
宇野沢が中に入れたボールを冨岡が落として、大橋がシュート。
これが見事に決まって2点目となります。


329

2点目のアシストの冨岡選手


しかし、2−1で勝利はしたものの押される時間帯が多く、相手のシュートミスに救われたことが何回あったことか。
次節からの試合では、このあたりの修正をお願いします。
そして次節も勝ち点3をもぎ取ってください!!

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »