« トレーニングマッチ vs. 大原学園JaSRA | トップページ | トレーニングマッチ vs. 創造学園大附属高校 »

北信越フットボールリーグ 第13節

北信越フットボールリーグ第13節、対グランセナ新潟戦が照りつける暑い陽射しの中で行われました。
今日のスターティングイレブンは、
 GK 諏訪
 DF 籾谷、大島、野澤、高野
 MF 大橋、土橋、栗原、佐藤
 FW 要田、宇野沢
でした。


1921


試合は、#5大橋×2、#7土橋、#9佐藤、#14高野、#11要田×2、#13藤田×2のゴールで9-0の大勝!
 
前半20分頃からの約15分間で6得点。前半で試合を決定づけます。後半も開始から30秒であっというまにゴール! 今季初の2桁得点かと思いきや、ここからゲームが膠着してしまいます。じりじりとした展開が続き、相手にボールを持たれる時間も長くなり、決定機でも決めきれません。しかし後半途中から投入された藤田選手が復活のゴールを決めると、さらにCKからもう1点! 今日は怪我をしていた平石選手も出場し、惜しいシュートを放ちました。

同時刻に新潟で行われたJSC対サウルコス福井の試合は、6-0でJSCが勝ちました。これでパルセイロとJSCの勝ち点差は3、得失点差の差は26になりました。北信越リーグでは勝ち点が並んだ場合、①得失点差 ②全試合の総得点数で順位を決定するため、最終節の直接対決でパルセイロは14点差以上で負けなければ、2年ぶりの北信越リーグ優勝、地域リーグ決勝大会への出場が決まります。

14点差で負けなければいい、ではなく、試合後のインタビューで土橋キャプテンが言っていたように、勝って優勝を決めてほしいです。最終節は9月19日。1ヶ月以上間があきますが、その間には「天皇杯」があります。長野県大会決勝ではあの松本山雅FCと対戦します。(準決勝で上田ジェンシャンに勝ってからの話ですが) 去年1回も勝てなかった松本山雅に勝って、JFL昇格へと突き進んでいってほしいですね!


1926

|

« トレーニングマッチ vs. 大原学園JaSRA | トップページ | トレーニングマッチ vs. 創造学園大附属高校 »

北信越フットボールリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トレーニングマッチ vs. 大原学園JaSRA | トップページ | トレーニングマッチ vs. 創造学園大附属高校 »